【正式版】Prism Router

従来のアコースティックギターでは、生音を重視しそれを再現するために、マイク1本で録ってそれをスピーカーから出したり、ピックアップを使用してプリアンプ、リバーブ、ディレイなどを最小限に使って再生する手法が一般的でした。

ただ近年は、2つ、3つのピックアップを使用し、それを並列に処理してEQやコンプ、オクターバー、フェイザーやオーバードライブ、コーラスなどで加工し、原音とミックスするなど、複雑なルーティングを活用して目指す音作りをする方が、プロアマ問わず増えております。

その為に
プリアンプ(バッファ)
EQ
パラボックス(スプリッタ)
ミキサー
各種エフェクター
等、かなり多数の機材を使用する必要があり、その分費用も、エフェクターボードのサイズも大きくなる傾向があります。

それを少しでも解決するためにPrism Routerは生まれました。

Prism Routerは、
4chヘッドアンプ(各chゼロ〜の音量調整が可能)
4chフェイズスイッチ
全チャンネルのスプリット機能
4chのアウトプット
を装備したマルチルーティングボックスです。

つまり、このような使い方が可能です。
〇ImpressConc.やDualPA等のデュアルチャンネルヘッドアンプ(しかも2台分)のかわりにも使える。

〇スプリッタにも使える。

〇ミキサーにも使える

〇ループボックスにも使える。

〇バランサーにも使える。

という大変お得な仕様になっております。



〇音を分ける

〇音を混ぜる

が出来るシンプルかつ使い勝手のいい構成。

売れるものより必要なものを。

それがTidemarkの命題だと思っています。

この製品はアコギ専用ではなく、エレキギター、エレキベース、キーボードなど、ラインシステム全般に使うものです。





Prism Routerは非常にシンプルです。



ゼロ〜+27dBまでの増幅(減衰)
→各chゲインノブで調整します。
+6dBu程度でクリップします。

フェイズスイッチ
→各chのスイッチで調整します。

裏面のスイッチで、どの入力をどこに出力するかを決定できます。例えば1つの入力を4つにわけることもできますし、4つを1つにまとめることも可能です。


4inなので、デュアル×2またはモノラル×4が接続可能です。





〇使い方その1
ギター1本の場合

Ainにステレオケーブルで繋ぎ、設定をするとミックス×1又はパラで出力するプリアンプとして使用が可能です。



〇使い方その2
ギター(デュアル)2本の場合

Ain及びCinにそれぞれギターを接続してルーティングすると、ミックス×1又はパラで出力できます。

ミキサーやアンプの入力が足りないときや、複数のギターを持ってツアーに出るときに有効です。



〇使い方その3
ギター1本の場合

コンタクトをボディヒット及びメロディに使いたいので2つにスプリットしたい場合に、ルーティングすることで最大4つまで分岐できます。

1番 コンタクト(メロディー用)

2番 コンタクト+マグ(リバーブをかける)

3番 コンタクト(ボディヒット用EQをかける)

など。



〇使い方その4
ギター1本の場合

A、Bに入力し、1.2に出力した後例えば2はセンドリターンしたい場合に、Cに入力して3から出すなどしてセンドリターンとプリアンプを一台で実現できます。
型番 HASP1.2
販売価格
32,000円(税込34,560円)
購入数